2015年07月22日

通信料月1,000円のスマホ

私は電話と通常の私的メールはガラケイで十分ですが、出先でネットを使用したり地図を使用するのはガラケイでは今ひとつやりづらかった。しかしスマホへの切り替えは通信料が高くなるので二の足をふんでいました。

そこで、電話と私的メールはガラケイのままとし、最近はやりのシムフリースマホを購入しました、ポケットに入る小さなタブレット(最近はファブレットと言われている)としての役割です。

シムフリースマホは月1,000円で快適に使用できますのでその簡単なレポートです。
まずシムフリースマホとは、自分でシムフリー対応のスマホを購入し(一括購入です)、通信用のシムを別途購入し、それをスマホへ差し込んで使用するものです。

私はスマホはASUSのZenHone2というのを約35,000円で、シムはIIJMioのものを約3,500円で購入しました。月の通信料は定額で約1,000円です。

シムフリースマハホが通常(DocomoやAU等のキャリア)のスマホと通信料以外で大きく違う点は次の通りです。
1.キャリアのメールアドレスは無いので、メールはGメールやYahooメールなどを使用することになります。

2.電話をする場合は電話が可能なシムを購入すれば可能ですが、電話については定額方式がないので、沢山電話を使用する場合は高くなります。番号は従来の番号を移すことができます(MNP可能)。

3.スマホの初期セットアップやシムのコース選択および申込は自分で行う必要があります。ゆえにお店で購入後即使用できる状態ではありません。家に無線LAN環境とネットに接続されたPCがセットアップ等に必要です。

4.日本独自の機能であるテレビをみる(ワンセグ、フルセグ)こと、やお財布携帯の機能はありません。

上記1〜4以外はキャリアのスマホと変わりなく、とても快適に使用できます。
よろしかったらあなたもどうぞ。
posted by ビールとワン at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記