2014年05月19日

戦争への槌音(つちおと)が聞こえます

戦争への槌音(つちおと)が聞こえてきませんか?

先の太平洋戦争では約300万人の日本人の方々が戦争の犠牲になり亡くなりました。赤ん坊、少年少女、青年、友人、恩人、恋人、兄弟姉妹、夫、妻、父親、母親、祖父母、子供、孫・・・・・。また、後々の人生に大きな影響を及ぼすような手足の切断、失明などの大怪我をされたり、精神疾患などを患らわれた方々はその何倍もいらしたことと思います。
ご家族や御親戚、友人、恋人など身近な方が亡くなったり、大けがをされた経験は殆ど当時の全国民に及ぶのではないかと思われます。これが戦争です。

日本国内でもご存知の通り約500年前までは内乱につぐ内乱でした、やっと少し進歩して内乱が無い状態になりました。しかし明治からは国際戦争に明け暮れ、その後ようやくこの約70年間はやっと平和が保てるように少し進歩してきました。

戦争は最初の攻撃や迎撃のみでは決して終結しないことは過去の夥しい歴史から明らかです。
いったん始めてしまった戦争は、どちらか一方の国が大きく疲弊してしまうか、または両方の国が共に大きく疲弊するまでは終了しません。国が消滅してしまったり分裂してしまった事例も御存じの通り、多くあります。その時になって悲しんだり、後悔しても、もう遅いのです。
国や政治家や軍部の所為にしても、済んでしまったことは元には戻りません。

政治家は戦争をしたい人が多いのでしょうか?
もっと人間らしく賢い考え方はないのでしょうか?
あなたはどのようにお考えですか?
私は絶対に戦争反対です、また戦争の下地を作ることにも勿論反対です。

posted by ビールとワン at 23:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは!
Posted by 高橋 at 2015年01月29日 13:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97021849

この記事へのトラックバック